(9)達弥西心のわかりやすい話「育児」

達弥西心のわかりやすい話「育児」

2009年10月

●人を養うということ - HMU 達弥西心

人を養うとはどういうことでしょうか。

その人のこころが本来の力を発揮して、この世での役割を果たせるように、カラダの維持をたすけることです。

この世で役に立てるようにカラダを育てることです。

養ってもらう「恩」は、天にかえすものです。

養う「みかえり」は求められません。

励ましを与えることです。

「モノ」の与えすぎは禁物です。

●「ふつう」とは(3/3) - HMU 達弥西心

当然みんなそれぞれであるはずです。自分とまったく同じコピーみたいな人間がいたら、どちらか一方が必要ないはずです。「ふつう」とは、みんな一緒ということではなくて、みんなバラバラであるということなのです。堂々と、「ふつう」ではない、自分通りの人生を生きていきたいものです。

●「ふつう」とは(2/3) - HMU 達弥西心

しかし「ふつう」とは、みんな一緒ということではなくて、みんなバラバラであることなのです。

つまりは、個人という一人一人が「本性」というどうしようもない、ほんとうの自分自身の性質をもって生きようとするから、個の本性つまり「個性」が大切だとされるのです。

個の本性通りに生きるということは、自分のこころと対話して、その通りに生きるということなのです。

●「ふつう」とは(1/3) - HMU 達弥西心

天を信じて動くということは、往々にして世間の人たちとは違った動きになるということでもあります。

つまり、「ふつうとは違う」、あるいは「ふつうはこんなふうにしない」、「あの人はふつうではない」という自分の頭で考える許容範囲を「ふつう」という言葉で括りながら、その「ふつう」という評価にはまらないと評定されるのが、天を信じて動く人たちということになります。

●子どもが病気になったら(2/2) - HMU 達弥西心

本来病気でないことが自然ですから、病気になったということは、何か気付くことがあるはず、なぜそういうことになったのか、その意味を私に知らせてくれているのだ、と知ることです。

「私はそれを決意しますので、その私の至らないところを教えてください」とMAOすべきです。

その答えに至ったとき、そしてその実践に踏み出したとき、子どもの病気は快復に向かうのです。
記事検索

自動相互リンク buzzlink
達弥西心のわかりやすい話

PC向けサイト
達弥西心のわかりやすい話「決断」
達弥西心のわかりやすい話「後継」
達弥西心のわかりやすい話「自分と会話する法」
達弥西心のわかりやすい話「経営」
達弥西心のわかりやすい話「時流」
達弥西心のわかりやすい話「不動産」
達弥西心のわかりやすい話「見極め」
達弥西心のわかりやすい話「組織」
達弥西心のわかりやすい話「育児」
達弥西心のわかりやすい話「別れ」
達弥西心のわかりやすい話「恋愛」
達弥西心のわかりやすい話「結婚」
達弥西心のわかりやすい話「あこがれ」
達弥西心のわかりやすい話「食」
達弥西心のわかりやすい話「足りないもの」
達弥西心のわかりやすい話「セールス」
達弥西心のわかりやすい話「おすすめ図書」
達弥西心のわかりやすい話「テレビで観た人」
達弥西心のわかりやすい話「美味しい話」
達弥西心のわかりやすい話「うた・唄」
達弥西心のわかりやすい話「開業」
達弥西心の宇宙気学
達弥西心のHMU
達弥西心のMAO
達弥西心の“Put~置いとくよ。”

携帯電話向けサイト
達弥西心のわかりやすい話「決断」
達弥西心のわかりやすい話「後継」
達弥西心のわかりやすい話「自分と会話する法」
達弥西心のわかりやすい話「経営」
達弥西心のわかりやすい話「時流」
達弥西心のわかりやすい話「不動産」
達弥西心のわかりやすい話「見極め」
達弥西心のわかりやすい話「組織」
達弥西心のわかりやすい話「育児」
達弥西心のわかりやすい話「別れ」
達弥西心のわかりやすい話「恋愛」
達弥西心のわかりやすい話「結婚」
達弥西心のわかりやすい話「あこがれ」
達弥西心のわかりやすい話「食」
達弥西心のわかりやすい話「足りないもの」
達弥西心のわかりやすい話「セールス」
達弥西心のわかりやすい話「おすすめ図書」
達弥西心のわかりやすい話「テレビで観た人」
達弥西心のわかりやすい話「美味しい話」
達弥西心のわかりやすい話「うた・唄」
達弥西心のわかりやすい話「開業」
達弥西心の宇宙気学
達弥西心のHMU
達弥西心のMAO
達弥西心の“Put~置いとくよ。”

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ