いちばん肝心なことは、子どもには、常に本音で接するということです。本心で叱ることです。つまり嘘の理由でしつけないこと、嘘の理由で叱らないことです。