本来病気でないことが自然ですから、病気になったということは、何か気付くことがあるはず、なぜそういうことになったのか、その意味を私に知らせてくれているのだ、と知ることです。

「私はそれを決意しますので、その私の至らないところを教えてください」とMAOすべきです。

その答えに至ったとき、そしてその実践に踏み出したとき、子どもの病気は快復に向かうのです。