天を信じて動くということは、往々にして世間の人たちとは違った動きになるということでもあります。

つまり、「ふつうとは違う」、あるいは「ふつうはこんなふうにしない」、「あの人はふつうではない」という自分の頭で考える許容範囲を「ふつう」という言葉で括りながら、その「ふつう」という評価にはまらないと評定されるのが、天を信じて動く人たちということになります。