ですから、強く言った方がいい場合と、強く言っても仕方がない場合それから黙っていた方がいい場合もあります。