100まで数えてもおさまらなかったら1000まで数えようと、おさまるまで数を数え続けろ。」ということがありました。