その時とっさにこの子はその嫉妬を消すために、「ぼくおばあちゃん大嫌い!」と言うのです。