たとえ離婚をしていて、立ち会えないという場面であったとしても、子どもとの関わりというのはそういうことではないはずです。