自分が産んだ子であって、生命の始まりに関わっているわけですから、生命の終わりにも関わることというのは母親の役割なのです。