それで足りない時にどうするかということです。これが大事なのです。お金の扱い方で一番大事なことは、足りない時に、どうやって調達するか、なのですが、調達の仕方が、頼るというか、足りないから借りてくる、もっと貰うというふうになってくると、自分の経営はこの範囲の中でやらなければ、ならないのに、はみだしてやることになってきます。足りなければ我慢する、我慢させることです。