子どもはまた別の可能性で生きるかもしれないわけだから、もうその子が持っている潜在能力を、「それで勝負してこい」と言うのが親の役割ではないかなと思うし、子どもへの接し方のポイントはそういうことじゃないかな、というふうに私は思います。