子どもが「友達がもう自分を頼ってくれないのではー」という思いを書いていますが、それは私自身も同じでした。