これから、私は、子どもの決意を支えながら、多くの方に共にお伝えしていきたいと思います。
本当にありがとうございました。