ある日、お母さんが不思議な自分自身と会話できるツールを見せてくれました。