無事に入門講座を受けたよしくんは、
「いつになったら自分自身と対話するツールがいただけるのかなぁ」と思っていました。
今度こそがその感動の時とも知らずに…
家に帰ったら、お母さんが言いました。