10歳の誕生日を迎えた男の子が、自分を育ててくれている母親に宛てた手紙にこう記していたといいます。