しかしそれを履いてどこへ行くのか、どこまで歩いていくのかを先に決めていないと靴は選べない、ということです。