だから1番目の子より、2番目の子の方が、1番目がどうだったか分かるから、何となくコツを掴んでやっていけるのです。