すると子どもたちも、余計なところに労力を費やさないで済むのです。