興味がないのだとか、合わないのだとか、自分でもよく言っていました。